4月8日に成城高校にて2017年度最後となる第6回連盟会が開かれ、24校50人以上の方々の参加をいただきました。

グループディスカッションも”外務とはどうあるべきか”という抽象的な議題で行うなど、2017年度の締めくくりになるような連盟会にしたいと準備をしました。

時間が押してしまうほど白熱した議論が行われました。議論中の写真、議事録はFacebookで公開する予定です。

連盟会終了後来年度の役員の選出が行われ、来年度の代表校は成城高校、副代表校は海城高校、桐朋高校、青山学院高等部、書記校は本郷高校、栄東高校に決定しました。

また連盟会終了時に代表の井澤から国際生徒会機構設立構想の紹介がありました。

これからの2018年度につながっていくような連盟会になったと思われます。

 

高生連トップに戻る